「愛犬ホームズ」はオンリーワン!

できるだけ長持ちさせるポイント、犬小屋の長持ち術

最近では室内犬も多くなってきましたが、外で犬を飼っている家庭も多いです。そういった家庭で必ず必要になってくるのは犬小屋です。ホームセンターには多くの種類が揃っており、素材も木製のものから、プラスチックのものまであります。そして、そのデザインも様々で、シンプルな小屋から、おとぎ話の家に出てきそうな扉のついた小屋、開閉出来る窓のついた小屋といった具合に様々です。近年は温暖化の影響で、夏場の暑さがひどくなってきていますから、通気性の良い小屋も販売されています。こういった犬小屋は基本的に雨を避けられるような、軒下やカーポートの下といった所に設置するとより長持ちします。木製の小屋であれば、防腐剤を塗布することで長持ちします。プラスチック小屋の場合には、直射日光を受けると劣化が早まりますから、直射日光が当たらない場所に設置する事が一番です。そして、定期的に掃除をするのも長持ちさせるポイントの一つです。掃除をするという事は小屋内を清潔にするという事ですから愛犬の健康にとっても良いです。また、木製であってもプラスチック製であっても湿気は天敵ですから、湿気があがってこないように犬小屋の周囲は砂利を敷くなどして、水はけを良くしておくと長持ちしやすいです。

犬小屋の毛布を敷いておく

犬小屋にはしっかりと毛布を敷いておくとよいです。犬だって堅い地面に寝るよりふわふわしたところに寝たいと思っているのです。ちなみに犬は非常に寒さに強い動物ですから、寒さ対策としてはそんなに気にしなくても良いのですが、それでも暖かいほうが良いでしょうから、そういった意味でもお勧めできます。もちろん、夏はどうするか、という問題がありますが、それは犬の自由に任せれば良いのです。不要であれば、毛布を外に出すくらいの知能は大抵の犬にありますから、自由意志に任せてしまって大丈夫です。犬小屋というのは、別に何でもいいのですが、自分が満足するようなものにしたほうがよいです。見栄えによって、犬が気に入る、と言うことはありませんから正直なところ、なんでもよいのです。広さですが、極端に広くある必要はなく、体より少し広め程度でよく、そのくらいで犬にとっては十分です。風が入ってこない、雨漏りがしない、という最低限の条件が満たされているのであれば、犬としては十分なのです。ちなみに家の中に作る場合は、ゲージのようなものでよいですから、木で作る必要性はないです。但し、あまりにも寒い地方については別であり、室内であろうと暖かい小屋を作ってやるべきです。

Favorite

原宿 美容室 メンズ
http://www.digzhair.com/
仕入 サイト
http://www.granje-market.jp/
歯科 中野
http://www.matsuyama-dentaloffice.com/
ドッカンバトル 攻略
http://dbz-dokkan.info/
名古屋 エステ
http://dankichiesthetic.jp/

2015/4/6 更新

▲トップへ